日本の響き 大地の舞にて


 12月15日は日本特殊陶業市民会館(中川区)にて開かれました「第三十二回 日本の響き 大地の舞」に参加しました。


 大地の舞は東海太鼓センター様主催のイベントで、名古屋を中心とした地域の方々の 大きな発表の場となっております。

 実はこの大会、2015年高校一年生だった私たちがエンカウンターを初披露した思い出があります。

今回もそのエンカウンターを引っ提げて挑みました。


 和太鼓の演奏は 本来であれば重い重い太鼓を搬入しなければいけないのですが、ここでは東海太鼓センター様からお借りすることができます。多数の団体が参加されているので混乱しないためだとは思いますが、とても有難いです。(本当に搬入出だけで結構な労力を使います。)


 さて、私たちの出演番号はなんと一番。更に慣れない太鼓と広い舞台、他の演者さんも太鼓を聞きなれている方々というプレッシャー。それによって全員が満足する演奏とはいきませんでしたが、思い出の場所で叩けたことは、おかげの今年最後の舞台としてとても良いことだったと思います。



 そして、この舞台を以てメンバーの イシヅカレナ は活動を休止致します。

彼女の演奏がおかげから離れることはとても淋しいですが、仲間として彼女の行く道を応援しています。

また戻ってきた日には、皆さまの相変わらぬご愛顧を賜りたく存じます。


和太鼓おかげ 安藤正宣


和太鼓おかげ

松蔭高校和太鼓部OB・OGで2019年5月に結成された和太鼓チーム。 男女10人で愛知県名古屋市を中心に活動。 名古屋城から地域の祭りまで、幅広い舞台で演奏を行っている。

0コメント

  • 1000 / 1000