千桜流 創流三十周年 記念舞踊発表会


 12月1日は松蔭高校時代からお世話になっております、日本舞踊千桜流家元 千桜由女様の開かれた創立三十周年記念 千桜流舞踊発表会にゲスト出演させていただきました。

 千桜流は平成元年に創流され、今は二代目家元 千桜由女様のもと名古屋を中心に活動していらっしゃるようです。


 松蔭の方にもお声がけ頂いたそうですが、高校は生憎にも期末テストの真っ最中。その流れでおかげにお声がけ頂けました。

 高校時代から様々な舞台を経験してきた僕達。しかし今回はいつもとは大きく異なり、厳かな雰囲気に満ちていました。これにはメンバーも前日のリハーサルからタジタジ。笑

 更に実を言うと僕達は、「和太鼓おかげ」に限ればこういった屋内舞台での演奏は初めてです。屋内は外とはまた勝手が違うため、とても難しい演奏になると予想していました。そのため、当日は入念なイメトレをし、夜遊びとエンカウンターを演目になんとか乗り切ることができました。

 こういった経験も糧にして、着実にステップを上げていきたいものです。


 末筆ではありますが、千桜流様の益々のご発展をお祈り申し上げますとともに、今後ともご高誼くださいますようお願い申し上げます。

和太鼓おかげ 安藤正宣


和太鼓おかげ

松蔭高校和太鼓部OB・OGで2019年5月に結成された和太鼓チーム。 男女10人で愛知県名古屋市を中心に活動。 名古屋城から地域の祭りまで、幅広い舞台で演奏を行っている。

0コメント

  • 1000 / 1000